スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
08/14のツイートまとめ
yellow_stonefox

#氷のボトル http://t.co/ijTRHSzRNQ
08-14 09:26

スポンサーサイト
【2014/08/15 03:15】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11/28のツイートまとめ
yellow_stonefox

【楽天大感謝祭】スーパースロット50ポイントあたりい [楽天] http://t.co/RDJ3UVnLzK http://t.co/UoyFDDOoNA
11-28 17:26

【2013/11/29 03:18】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
モバイルバッテリーとLEDランプ
最近LEDランプも結構安くなって、200ルーメンなんかでも3千円だせば買えるらしい。
今のところ私は200ルーメンクラスを持っていないのでライトマニア失格なんだが、そんな落ちこぼれの私も最近考えるところがある。
たとえばスマートフォンの充電に使うモバイルバッテリーなんだけど最近だと10000mAhの容量で2千円ぐらいなのよね、この10000mAhってのがどんな性能かというと、普通のスマートフォンのバッテリーがだいたい2000mAhで満タンなのでうまくいけば5回はフルに充電できるわけだ。
じゃあこのバッテリーにLEDをくっつけてほしいなあと思うのは私だけか?
理想をいえば10000mAhのモバイルバッテリーに400ルーメンクラスのLEDをつけて、普通の懐中電灯サイズで販売したらごく少数のマニアには飛ぶように売れるんじゃないかと思うんだがなあ。
だが、世の中探してみるものである。
100ルーメンぐらいならモバイルバッテリーについてたりするのだよ。
そのうえ、あやしい中華製品だから価格も安かったりするしね。
たとえば3R-PRSB01なんかLEDだけじゃなくランタンまで搭載してる。
バッテリーの容量は1700mAh程度だからスマートフォンが1回充電できるかどうかだけど
確かにランタンLEDともに100ルーメンぐらい明るいし、その上役に立たないソーラーパネルが泣かせる。
もひとつのpowertorchは5200mAhの容量があってこれは私のスマホを2回フル充電できた。
おまけにLEDも100ルーメンくらい明るい。


テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

【2012/12/04 21:35】 | 便利な小物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
FENIX  LD15 R4
最近は非常によろこばしいことに単3や単4のアルカリ電池でかなりの明るさのLEDライトが手に入るようになった。
3年ぐらい前まではFENIXしか明るいと思うライトはなかったが
最近はちょっとLEDを検索しても100ルーメンやそれに近い輝度のライトが多くなってきた。
しかしながら、電池1本となるとやはりFENIXなんだろうか?
以前から持っているFENIX(フェニックス) LD15 R4だがこれは単3電池1本で110ルーメンを絞り出している。
FENIX(フェニックス) LD01 R4はキーホルダーとしていつも持っているが
自転車や車で出かける時にはこれも持っていく
自転車ライトとしても性能がいいし、車でランタンがわりにつかうにもとても明るい。
なにしろ大きさがほぼ単3なのでかさばらないから携帯に便利である。
FENIX(フェニックス) E11という廉価版があるのでもし今度購入するならそれにしようと思う。



テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

【2012/11/17 13:43】 | LED | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
HOLUX M-241 とアンドロイド
HOLUX M-241はGPSロガーという装置だ。
随分、前に買ってちょこちょこ使っていたが面倒なので使わなくなった。
ところが最近ANDROID携帯を手に入れると事情が変わった。
私はシャープの005SHという端末を持っているのだがWI-FIでしか使用していない。
そんな使い方だとどうなるかというとGPSがうまく動かないようだ。
これは位置情報を取得する際3G回線の接続位置を優先的に活用するためだと私は思っている。
まあ、理由はどうあれ内臓GPSはまともに動かないというわけだ。
そこでM-241である。
こいつはI/Oデータの旅レコと違ってBlueToothが仕込まれている。
つまりアンドロイドにBlueToothでくっつければいいわけだ。
ペアリングはパスキーが「0000」だと分かっていればあっさりつながる。
次にBlueToothGPSというアプリを起動する。このアプリの起動中にホームに戻って地図ロイドというアプリを起動して軌跡追尾を行えば現在地点が地図ロイドに表示されると言う訳だ。
おまけにAndroidMTKというアプリを使えば軌跡データをアンドロイド端末に転送できるしこれまた地図ロイドで軌跡データをみれば自分がどう移動してきたかもその場でわかるのだからすごい。
だって今までロガーを持って行っても緯度や経度が書いてある地図でないと場所がわからないし、自分がどう移動したのかなんて家に帰ってGoogleマップに表示させないと確認できなかったのが迷ったその場でわかるんだからホントいいですよ。(逆にいうとそんなことができないから持ってくのが面倒になった訳で)
まあ、内臓GPSが使えりゃこんな面倒なこともしなくていいんだろうけど、バッテリーとか考えるとロガーはロガーで勝手に動いてくれてるほうがいいような気がするし、ちっこい液晶には時間や速度・高度・進行方向もでるし満足だな。あともうちょっと衛星を捕まえるのが上手になってくれればなあ。
ちなみにこの地図ロイドというソフトもなにげにYAHOO地図をダウンロードしてオフラインで表示してくれるので電話がつながろうがつながるまいが平気なんだな。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

【2012/11/12 20:48】 | アウトドアグッズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。